スープソムリエについて詳しく知りたい!

Closeup on young woman enjoying pumpkin soup

寒いので、台所に立って自炊するのも辛い季節になってきましたね。
そんな季節こそ、しっかり栄養を取りたいのに、洗い物など料理の事を考えると億劫になってきてしまいます。
そんな時、スープジャーなどで簡単に調理ができ、栄養も十分に取れる料理があるのをみなさんご存知ですか?? 

旬の野菜上手に取得できれば、美容にも健康にもいいことはわかっているけど、取得できないそんな悩みがある人も多いと思います。
野菜は、生で食べるのがいいことはわかるけど、生で食べることができる野菜ばかりではありません。
ゆでたり、炒めたりする調理方法もありますが、ゆででしまったりすることで、せっかくの野菜の栄養素が溶け出してしまいます。
そんな時、野菜の栄養素もそのまま食べることができるのが「スープ」です。

 

 

最近はスープバーというものがあり、スープ専門店となっていて、いろいろな種類のスープを楽しむことができます。
これからの季節寒くなってきますので、温かいものを食べたくなります。
また、旬の野菜でおいしいものもたくさん出てきます
スープにして野菜をとることで、胃腸を温めてくれるだけでなく、これからイベントが続きアルコールなどの飲みすぎや食べ過ぎなどで、疲れた内臓にも効果的です。
なぜなら、その日の体調などによってスープに入れる具材を選ぶことも可能だからです。
そんな効果のあるスープについて、もっと学んでみたいそんな方にお勧めしたいのが「スープソムリエ」です。

 

Woman eating minnestrone vegetable soup. Unrecognizable female holding spoon of soup. Pretty young hispanic female blowing on hot soup. Shallow depth of field. Focus on foreground. Horizontal shot.

 

スープソムリエは、日本だけでなく世界各国のスープのレシピはもちろん歴史、文化などスープに関するあらゆることが学べるのでいわばスープのスペシャリストです。
最近は空前のグルメブームですから、あのお店で食べたあのスープがスープソムリエになることで自分の家でもできるようになるかもしれません。
また、普段の食事におまけ的な位置づけだったスープが、主体になるかもしれません
いろいろな具材を煮込むことにより具材のエキスが凝縮されて、普段なかなか接種しづらい栄養素も接種できるので、いそがしい毎日を送る現代人には食べる暇がない。
そんな時でもスープだけでも飲みたいものです。

そんなスープソムリエですが、料理教室いかないとむずかしそうとか、栄養学を学べる専門学校いかなければならないのではというイメージはありますが、通信教育で学習可能です。

通信教育なので、自分のペースで学習できるし、わからなければ何度でも繰り返し復習は可能なので、忙しい人でも自分のペースで学習ができます。
また、WEBでの受験も可能なので、どこかに受験に行くこともないというのが魅力です

スープソムリエになると、自宅でスープ教室を開いたり、レシピを開発し、新しいスープをつくったり、飲食業界や医療、福祉の分野などでの活躍が期待できますので、将来活躍の場面も増えてくるかもしれませんね。

Young woman slicing tomatoes in home kitchen

 

【資格概要】

【受講会場】
通信講座のため自宅

【受講費用】
33000円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る