【体験談】高いビジネスマナーを持っている証明にもなる「秘書検定」について

ビジネスマナー

9月にも関わらず、まだまだ暑いですがみなさん体調など、崩されたりしてないですか?

4月に入社した新入社員さんももう入社して半年ですね……お仕事にも慣れてきた頃でしょうか…?

今回は4月に社会人になった新卒OLさんのUさんのお話を聞いて見ようと思います。

WEB86_veronikayoko201502071518431_TP_V

私は今年の春、化学メーカーに採用された総務女子です。

入社して半年、まだまだ覚えることが多くて毎日大変です。

総務部には7月から配属になったのですが、同期女子の一人は人事部に配属になりました。

なんでも人事部は会社の中でも女子にとっては憧れの部署みたいで、新人女子が配属になるには極めて珍しいことなのだそうです。

その同期女子は、大学在学中からインターン制度に応募したり、秘書検定を受けたりと就職に向けかなり努力してきたと聞きました。

確かに社会人生活が長くなるのであれば、ビジネスマナーを身に付けるべきだと思うし、そういうスキルを持っている証明になるのなら…と、夏休みを利用して秘書検定について調べてみることにしました。

ビジネスマナーや一般常識について学び、社会からも広く認知されている秘書検定は、就職後のスキルアップだけでなく、就職を控えた学生にとっても履歴書に記入できるおススメの資格です。

受験資格は特に必要なく、1級から3級まであります。

試験日時は平成28年11月13日(日)、受付期間は平成28年9月1日(木)~10月12日(水)で、受験料は1級6,100円、準1級4,900円、2級3,800円、3級2,600円です。

試験科目は全級とも「理論」「実技」に区分され、それぞれの試験で60%以上の点数が取れれば合格となります。

○理論は①必要とされる資質②職務知識③一般知識

○実技は①マナー・接遇②技能で、準1級・2級・3級はマークシート方式と記述問題、1級は全て記述問題

となります。

1級、準1級は、筆記試験に合格すると2次試験の面接があります。

2級と3級、準1級と2級は併願が可能ですが、1級と準1級の併願はできません。

仕事は盆休み明けもまだまだ覚えないといけないことも多いのですが、落ち着いたら秘書検定の受験も考えてみたいと思います!

BON_verosumahokonwaku201502071458401_TP_V

就職してからも、資格の勉強に、日々の仕事のために常に成長しているUさんは新卒OLの鏡ですね!

私も、日々常に努力していけるように目の前の仕事に前向きに取り組みます!

その前に、毎晩の晩酌を控えます……(無理)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る