離婚したいけどどうしたらいいの?

落ち込む女性

結婚は男女二人が合致して入籍したものの、実際結婚してみて相手と実際に生活して「なんだか違ったかも・・・」と感じた場合どうしたら良いのでしょうか。

全く見当がつかないですが、配偶者に伝える→話し合う?

離婚したい!と思った所で、一体まず何から始めればいいのでしょうか。

今回は代表的な3つの離婚の種類協議離婚調停離婚裁判離婚)について見ていきたいと思います。

TAKEBE160224310I9A0467_TP_V

■協議離婚

協議離婚とは、夫婦が話し合い離婚という結論をふたりで出すパターンです。

離婚の件数で最も多いのが、この協議離婚になります。

夫婦のふたりが、離婚をすることを合致しており、離婚届に署名捺印し、その離婚届を夫婦の本籍地または住所地の、戸籍のある役場に提出し、それが受理されることで離婚成立になる流れです。

よくある問題として、

〇二人で取り決めた内容をチェックする人いないので、夫婦間の関係性や離婚知識の有無によって、内容が、不平等になるケースもある。

〇夫婦の離婚の意思の合致があれば離婚が可能なため、重要な部分(子どものこと・金銭的問題)について、不確定なまま離婚届を提出してしまうことも多い。

 

■調停離婚

話し合いの場が、夫婦二人だけでなく、裁判官とふたりの調停委員(男女ひとりずつ)を介入された家庭裁判所で行います。

離婚のみでなく、親権や子どもとの面会交流など、財産分与や慰謝料などの金銭面などについても話し合い明確にすることが可能です。

調停離婚をするには、相手の住所地を管轄する家庭裁判所、あるいは夫婦が共に希望する家庭裁判所に調停を申し立てます。

利用される主なケース

夫婦で話し合いを重ねたが、離婚の合致には至らなかったため

離婚の合致はできたが親権や金銭面での合致までは明確で無い場合

 

■裁判離婚

調停でも離婚の合致がみられなかった場合に、離婚するための最終手段としての、裁判を起こすことが可能です。

ですが、協議離婚や調停離婚とは異なり、離婚裁判をおこすための離婚原因が必要になります。

主な離婚原因

〇配偶者に不貞な行為があったとき

〇配偶者から悪意で遺棄されたとき

〇配偶者の生死が三年以上確かではないとき

〇配偶者が重度の精神の病に羅患し、回復の見込みがないとき

〇その他、婚姻を継続し難い重大な事由のあるとき 

などの理由があった場合、裁判離婚をすることが可能です。

Hardworking dedicated businesswoman sitting at her desk in the office with her head in her hands concentrating on a paper document on the desk in front of her

 

■まとめ

主に代表的な3つのパターンの離婚ケースについて今回は簡単に解説していきました。

勢いに任せて離婚してしまうより、一度夫婦間でしっかり話し合ったうえでお互いにとって良い方向に向かえる選択をしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る