離婚カウンセラーとは

相談をする男女

皆さんは【離婚カウンセラー】について知っていますか?

今、日本では1分58秒に一組が離婚しているそうです。(平成15年度厚生労働省調べ)

離婚カウンセラーとは離婚問題に関するさまざまな相談が受けることを業務としている方を指します。

特に資格・学歴・経験などは不要ですが、離婚カウンセラーとして有名な岡野あつこさんという方は、離婚カウンセラーや臨床心理士の資格を持っています。

こちらの方は離婚カウンセラーになるための講座も開かれています。

講座公式HP→http://rikon.tv/kouza/dokuritu.html

講座を受けていると、基本的知識が学べるので受講歴のあるカウンセラーさんは信用ができますね。それに伴った公的な資格(弁護士資格、行政書士、心理カウンセラー・臨床心理士など)をもっていると、無資格でも、離婚カウンセラーと名乗ることができることは事実ですが、他の資格を持ってると心強いですね。

法的な問題以外にも、心のケアや様々な問題があると思います。むしろ、そういった込み入った問題の相談の方が多いはずです。一人で抱え込んでしまい孤独に悩んでいる人には、本当に頼りになりますね。

離婚はあくまで最終手段で、夫婦の数だけケースがあり、円満に解決できるに越したことは無いケースや、離婚をして二人新たなスタートを切った方が良いケースもあります。

問題に対して、最善の方法を双方にとって良い形をとって解決に向かいたいですよね。

離婚したい!離婚したくない!離婚を迷っている・夫婦関係を修復したい。など、どのお悩みにも双方の立場からの心強い存在です。

誰もが幸せに結婚し、一生連れ添っていこう。と決意し入籍に踏み切ったはずです。

ですが、性格の不一致や・双方との家族関係の不仲やどうしても離婚という選択肢を選ばざるを得ない場合、できれば円満に納得・相互理解した上で解決に向かいたいですよね。

このようなパーソナルで複雑な問題を、様々な角度からアドバイスをしてくれたり、相談ができる頼もしい存在こそが【離婚カウンセラー】です。

具体的にはどんなことをしてくれるのでしょうか。見ていきましょう。

 

hand-83079_640

■離婚カウンセラーって具体的にどんなことをしてくれるの?

離婚カウンセラーの業務は離婚全般について相談にのることです。

大まかに例えて言うのであれば、

○離婚の手続き

○離婚の仕方

○離婚の進め方

○離活 (配偶者に内緒で離婚に向けて活動すること)方法

などについて詳しく指導してくれたり、不安に思っていることや悩みについてアドバイスをしてくれます。

その上、

○離婚の話が成立後の手続き

○離婚時の愚痴や悩み

○離婚後のお金の相談

など、様々な視点から、複雑多岐な問題の相談に対応してくれるのが離婚カウンセラーの業務になります。

つまり大きくまとめると、離婚カウンセラーは、

○弁護士にしか相談できない法律問題(個々の人間に法的な処置を伴う相談)

○弁護士や行政書士のみしかできない離婚協議書などの離婚に関する書類の作成についての相談以外の部分についての相談

をすることが可能です。

ひとつ例をあげてみますね。

例えば、弁護士の所に好きな人がいるので離婚したい」という相談を持って行くとしましょう。

弁護士は法律相談になるので「できない」と答えるケースが一般的です。法律の観点で回答をするからです。

ですが、そのような場合でも、協議離婚で離婚を成立させる事を、離婚カウンセラーがプランニングし解決出来たとすると、離婚できる可能性があります。

法律面でも、アドバイスしますが別の角度(相談者の立場に立ったアドバイス・相手側の言い分を考慮したうえで円満に離婚する方法など)での提案や計画を、提示することが可能だからです。

このように法律だけではない切り口で、計画し提案をした上で、離婚に向かうように戦略を立て産出したり、アドバイスをくれたりするのが離婚カウンセラーの仕事です。

もちろん、離婚問題を解決に導くのには強靭な精神力と話を聞いてくれる第三者の力が必要です。ふつうは、途中で心が折れたりしそうになったりします。

そういう時に、話を丁寧に親身になってヒアリングしてくれたり、メンタルのケアまで配慮してくれるのも、離婚カウンセラーの業務です。

 

 

 

■離婚カウンセラーはどうやって選んだらいいの?

この記事をまとめるにあたって調査をして、ここまででわかるのが、離婚カウンセラーは、離婚問題に対して依頼者側の強力なパートナーだということです。

ですが、離婚カウンセラーになるのには資格は必要無いのです。要するに誰でもなれるという事です

そのため、力量や能力に個人差やばらつきが多々あるといっても過言ではありません。

では、どこで見分ければ良いかということが重要になってくるので、私が調査してみて感じた個人的主観になるのですが、

【資格の有無に関わらず、相談実績の数をこなしているか、心理の割合を多く含めた戦略をプランニングできるか】

実力や能力を見分けるポイントだと思います。

離婚カウンセラーの離婚カウンセラー以外の資格(弁護士資格・行政書士・心理カウンセラーなど)の有ったに越したことは無いということについて、

上記の項で書きましたが、結局の所、実際利用するとなる人の立場になって考えた時に、そういうものは個人の相性などがかなり重要になってくると思いました。

相性が良さそうなカウンセラーさんに興味をもったら、相談に行ってみるのがいいかもしれませんね。

とてもパーソナルで、デリケートな個人的な内容になるので、要は気が合いそうで、信用できる人という点が重要なのではないでしょうか。なんだか友達を探すような感覚でしょうか。

離婚という大きい出来事ですが、やはり人間同士の問題なので信用出来たり気が合うような人が適してるのではないかと、私は感じます

離婚カウンセラーの相談料は、大体1時間5000円くらいが一般的な相談料の目安となっているようです。

調べていくうちに、地域や事務所によっては初回相談無料という所や、電話で概要を相談できる事務所もあるようです。

電話での無料相談はすごく良さそうですよね。話した感じで好印象であれば、カウンセラーに実際会うことへの決定打の材料になりますよね。

その相談時に、対応した離婚カウンセラーの実力や能力を判断してください。

もちろん相談の際に知りえた個人情報やプライベートな内容は、絶対に守られますのでご安心ください。

これで安心して大事な相談ができますね。

 

 

 

結婚生活中に「もしかして離婚することになるかも・・・」と悩んだりした場合は、ひとりで抱え込まず相談をして問題を未然に防ぐことも可能ではないでしょうか。

離婚問題に悩んだときは、弁護士や司法書士、行政書士のみならず、離婚カウンセラーという選択肢も検討の価値がありそうですね。

司法書士や行政書士の資格を持ち、心理カウンセラー離婚カウンセラーという人は、ある意味「離婚問題のスペシャリスト」かもしれません。

 

私も、もし夫婦問題に悩んだら離婚カウンセラーに相談してみたいと思います!!

それにはまず恋人を見つけて結婚するところまでもっていかなくては・・・(焦)

恋人を見つける前に離婚カウンセラーの講座を受講し、万が一のために職を身に着け、結婚した時に、離婚の危機に陥らないように未然に防げれば一石二鳥ですね!

はぁ・・・(遠い目)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る