リハビリや脳トレに効果的!!折り紙手芸講座で福祉に貢献

綺麗な折り鶴

皆さん小さい頃折り紙をして遊んだ記憶がある方も多いのではないでしょうか。

現在、折り紙が指先を使うことで、若返りや脳の活性化に役立つと評判になっています。

実際全くの初心者でも作る事は可能なのでしょうか。

今回は通信講座のがくぶんから折り紙手芸講座を見ていきたいと思います。

PAK25_origamitoturu_TP_V

■折り紙手芸講座とは

今までにない、まったく新しい形の折り紙が誕生しました。

「折り紙手芸」は、長方形の紙から小さな三角形をたくさん作り、それを積み上げたり組み立てたりして作る、新しい”折り紙”です。

基本の折り方がカンタンな割に、仕上がりが豪華なため、年齢・性別を問わず、どなたにも楽しんでいただけます。

必要な材料・用具も一式セット。できあがった作品は、インテリアや贈り物にもピッタリです。

がくぶん公式ページより引用→http://www.gakubun.co.jp/aff_a8/a12.html

 

こちらの講座には、すぐに講座開始できるようにカット済みの折り紙や用具類を豊富にセットされており、

初級から上級まで全30点の素敵な作品がすぐに作れます

流れとしては

  • 基本となる三角形のパーツの作り方
  • 基本の組み方
  • 立体的に組み立てていく技術
  • しおりや動物など段階的に難しい作品に挑戦していく

 

普段は使わない指先を意識して使う事で若返りや脳の活性化につながり、機能回復やリハビリにも効果的です。

また、紙の色や形・バランスなどを考えながら作成していく過程は工作気分で楽しめ適度な脳の運動になるため今は福祉や介護施設などで積極的に取り入れられています。

 

材料・用具なども完全にセットになっており、お祝いの贈り物や縁起物など簡単に作成することが可能です。

例えばしおりなど基本の折り方を習得するための作品から、

白鳥や鶴、亀やペンギンなど完成度の高い作品などもテーマごとにわかりやすく解説してくれるため、

どの作品も折り紙からできているとは思えない程の仕上がりの物が自身で作れます。

贈られた側も完成度の高さに、驚いて喜んでくれること間違いなしです。

主な完成見本はがくぶんの折り紙手芸講座公式ページに掲載されています。→http://www.gakubun.co.jp/aff_a8/a12.html#point

課題指導回数は合計3回です。こちらを取得して介護や福祉の職種に就く方は、面接などでこの資格についてのアピールなどで会話が弾みそうですね。

origami-212763_640

■資格概要

【受講資格】

特にございません。

【受講会場】

通信講座のため自宅。

【受講料】

29,900円(税込)

申し込みや詳細はホームページをご確認下さい。
がくぶん:http://www.gakubun.co.jp/aff_a8/a12.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る