お仕事をしている女性の悩み事は何ですか?

Women customers and sales staff to the negotiation

今回は営業職として働く女性社員のYさんにお話を聞いてきました。
働く社会人に悩みは絶えませんよね……。
みなさんはどのように対処されていますか? 早速お話を聞いて見ましょう!

Tired overworked freelancer working with a laptop in an office or home

学生時代と比べて社会人になると、自分にとって心地よい人間関係だけではなくなります。
それが社会人でありお金を稼ぐ生き方! と言えばそうなのでしょうが…。
平日の日中を拘束され、嫌な上司やクライエントに頭を下げ、それでも仕事を取ってこないといけない私は、法人向け大手携帯電話メーカーの営業をしています
最近、個人のスマホユーザーはSIMフリースマホに流れている状況の中、大手の契約となっている法人向けまで個人のように格安スマホに流れていては困る! と会社の上司から見えない? 圧力をかけられています。
契約先の法人からは「大手の信頼があるから、格安にすぐシフトチェンジすることはないよ」と言ってくれるところもあるのですが、
ベンチャー企業の中には「価格が3分の1になるなら考えないと…実は某格安スマホからオファーが来てね」と言われると、正直冷や汗ものです。
今月も1件、私の顧客のベンチャー企業が「申し訳ないけれど…」と某格安スマホ会社に流れてしまったこともあり、
上司からは「今月1件流した代わりに、年内に2件以上新規に獲得するように!」とプレッシャーをかけられています。
その上司が、自分の気分と本社の顔色を伺うだけの、何の尊敬も感じないむしろ苦手な人なので、ストレスが溜まり暴飲暴食に走って1か月に3キロ太りました。
同期が集まると、愚痴大会になってしまう今日この頃です。

インカムで話す女性

 

働く上で悩みは常にあると思います。
つい愚痴の一つも言いたくなるのが正直なところですよね。
ですが、現実を直視しないで愚痴ばかり言っているだけでは問題はいつまでたっても解決しません。
中国に「前門の虎、後門の狼」ということわざがあるように、一つの災難を逃れてもすぐに次の災難が訪れるという意味があります。
これは働く女性にとって当てはまることわざではないでしょうか。
前門で虎(悩み事)と闘う姿は人にアピールできても、後門に入ってきた狼(ここでは営業の自信がない、上司のせいで痩せない)といった本音にはなかなか立ち向かえずにしてしまう。
愚痴を言い合うだけでスッキリするかもしれないけど、これは一時の解決に過ぎなくて、
本音はもっと奥底にありそれが解決できないと本当のスッキリは訪れない……ドキッとした方もいるかもしれません。
愚痴だけでなく、社会人であれば一度自分を振り返り自分で自分のスキルの【たな卸し】をしてみませんか? 
信頼できる先輩に相談したり、ネットのお悩み相談に投稿したり、自分を振り返ることで見えてくるものもあるかもしれません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る