毎日の家事が大変……?楽に家事をやるにはどうしたらいいの?

Woman-with-a-Headache-000058360768_Small

 

専業主婦の方でも、子育て中のママでも、仕事をしている独身の方でも、毎日の家事はとても大変ですよね。
家中の掃除、家族全員の洗濯物、家族全員の食事の支度、お弁当作りなどなど…。
大きい家に住んでいれば、掃除機をかけるのに時間がかかりますし、家族の人数が多ければ、洗濯物は多いですし、作らなければならない食事量も多くなるはずです。
毎日同じことの繰り返しは、疲れます。少しでも、家事を楽にしたい、手短に済ませたいと思いますよね。
今回は、家事を効率的に済ます方法についてお話してきたいと思います。

Beautiful young woman portrait Headache depression stressed tired. Studio shot.

 

●物を減らして、掃除しやすい環境を作る

掃除が大変だと思うのは何故でしょうか。
ひとつの理由としては、物が多いことがあげられます。
現代社会では、物が安く手に入るため、物を買いすぎてしまう傾向にあります。
物が多いために、本来持っているものが見えにくく、持っている物と同じ物、似たような物を買ってしまい、結果として物が増えてしまう、なんてこともあります。
最近では、「断捨離」という言葉をよく耳にしますよ。
「断捨離」というと何でもかんでも捨て去る! というように聞こえてしまうかもしれませんが、「少ないもので暮らす」と考えるといいかもしれません。
毎日持って出かけるハンドタオルは1人5枚持っていれば、ローテーションしながら使うことが出来ます。
例えば家族4人でも、1人5枚×4人で20枚だけあればいいのです。

House cleaning product on wood table

 

●何かをしながら、ついでにプチ掃除

家事をしようと思うのではなく、何かのついでにちょっと掃除をしたり、ご飯の支度をしたりすると家事を簡単に済ませることが出来ます。
例えば、

〇朝起きたらベッドメイクをしたり、布団を畳む。
〇トイレに行ったら、軽く拭き掃除をして一緒に流してしまう。
〇食器を洗うついでに、流し台を洗う。

など、なにかのついでに掃除をすることが出来ます。
ご飯の支度でしたら、朝ごはんを作りながら、夜ご飯の材料を切っておく夜ご飯用のお肉に味をつけておく、夜ご飯のおかずを多めに作って翌日のお弁当のおかずにする、など。
毎日の小さな家事の積み重ねで、毎日の家事が簡単になります。
ご飯を作っている最中にカウンターや壁、コンロなどをサッと拭くだけで、後からまとめて掃除する必要はなくなります。
油汚れはすぐに拭けば、簡単におちますが、放置して積み重なった汚れを後から掃除するのは、とても骨の折れる作業になってしまいます。
ついで掃除は、家事の時間をぐっと減らすことが出来ます。

 

Attractive woman cleaning furniture in kitchen with a rag

 

●Todoリストを作って、整理する

毎日の家事はやることがたくさんで、何から手を付ければいいのか、悩んでしまいますよね。
そんなときには、Todoリストを作ってみましょう。
家事の大まかなスケジュールを立てることによって、やらなければならないことが整理されて、スムーズに家事に取り組むことが出来ます。
まずは、やらなければならないこと、やりたいことを書き出してみましょう。
また、おおよその時間を書き出してみると、スケジュールが立てやすくなるかもしれません。
書き出したら、実現可能なスケジュールに直していきましょう。
大事なのは、無理をしないことなので、出来るだけやることを少なくすることは大事です。
時間は限られていますので、その中で何が出来るか、よく考える必要があります。

また、1日の中でやることを、5つなら5つと数を決めてしまうのもいいかもしれませんね。

Coffee cup and notebook with to do list on blue rustic desk from above, planning and design concept

●タイマーを使って、気持ちを切り替える

一度掃除をし始めると、あっちもこっちも気になってしまい、掃除が終わらないなんてこともあるかもしれません。
そんなときにおすすめなのが、タイマーを使うことです。
家中の掃除機をかけよう! と決めたら、15分や20分と設定して掃除を始めます。
タイマーが鳴ったら、掃除の途中でも止めること。
続きは明日やりましょう。
設定時間は個人の自由なので、30分でもいいですし、60分でも構いません。
大事なのは、終わりのある家事をするということです。つまるところ、家事はやりだしたらキリがありません。
区切りをつけて家事をすれば、気持ちを切り替えることが出来るので、だらだらとあれもこれも、ということにならずに済みます。

time concept, selective focus point, special toned photo f/x

 

●マインドチェンジ

最後に、家事を楽にする上で「マインドチェンジ」が大切です。
完璧に家事をこなそうと思っている方もいるでしょうが、8割でいいのですよ。
完璧にこなさなければいけない、と思うと気持ちが疲れてしまうので、8割終われば良し!と思って気持ちに余裕を作ると、楽に家事をこなすことが出来ます。
家事のすべての自分1人がこなす必要もありませんので、周囲の人に協力してもらうことも大切です。
洗濯物を畳んだら、各自で片づけたり、ちょっとの掃除を子供や夫に頼んでみるのもいいかもしれません。
時短につながる道具を取り入れるのもいいですね。

502ca7e5a87baa3c9e877bd5e0e7d21981f04697490af43addf5a86d1254c

 

いかがでしたか? 

・物を減らして掃除を楽にする
・ついで掃除の積み重ねをする
・Todoリストでスケジュールを立てる
・タイマーを使って切り替える
・マインドチェンジをする

など、5つの方法をご紹介しました。
この中で自分で取り入れられそうな方法を是非試して、家事をやってみてはいかがでしょうか? 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る