eco検定で世界の環境問題に詳しくなろう!

view of the Earth from space, blue planet and deep black space

■深刻な環境問題

現代では、大気汚染、地球温暖化など、さまざまな環境問題があります。
これは、日本だけでなく、世界で取り組まなければならない問題ですね。
解決に向けて、今の状態を打破するには、1人1人が環境問題を意識して行動起こす必要があります。
しかし、環境問題と口で言うのは簡単ですが、
今地球はどんな状態になっていて、世界ではどんな取り組みを行っていて、さらにどのような取り組みが必要なのか問題の中身まで、私たちは把握しきれていません。

DSC_0607

■環境問題の正しい知識を習得する

そんな環境問題について詳しく学び、その知識を試すことの出来る検定試験があります。
東京商工会議所主催のeco検定です。
eco検定では、公式テキスト、公式問題集が2冊あり、その2冊を用いて学びます。
公式HPのアンケート結果による受験者の平均学習期間は2か月ほどです。
検定級はなく、年齢、国籍など問わずにどなたでも受験することができます
この検定では、「複雑・多様化する環境問題が幅広く体系的に身に付く」ことを目的として、「環境教育の入門編」としています。
試験内容は公式テキストから出題されます。地球の基礎知識、いま起きていることなど、
「地球を知る」ことから始まり、

〇地球温暖化
〇生物多様性・自然共生社会
〇廃棄物処理・3Rなどの循環型社会
〇地球環境問題
〇化学部室
〇放射性物質などの「環境問題を知る」
〇環境基本法や地球サミットなどの「持続可能な社旗に向けたアプローチ」
〇国際社会・国・地方のパブリックセンターの役割・取り組み、企業の取り組み、個人の行動などの「各主体の役割・活動
について学びます。

環境問題を深く知り、知識を得ることによって、ビジネスと環境問題の関係性などを的確に説明することができます。
最近ではeco検定を重視している企業もあるようです。

参考・参照サイト:http://www.kentei.org/eco/

Flossy cloudlet in the form of question mark

【資格概要】
受験日
毎年7月・12月(年2回)
次回 2016年12月

【受験料】
5,400円(税込)

【試験会場】
受験表に記載 ※事前問い合わせは不可

申し込みや詳細はホームページをご確認ください。
東京商工会議所:http://www.kentei.org/eco/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る