チャイルドケアライセンスを活かすお仕事とは?

あかちゃん

チャイルドケアライセンスとは日本アロマコーディネーター教会が開催している認定資格です。

チャイルドケアの基本対象は赤ちゃんから小学校低学年の子供です。

しかし、どんな子供にも通じるような知識を学ぶ事が出来ます。

自然の素材や自然のリズムを使った自然療法から考えるチャイルドケアを行っていて、

チャイルドケアと自然療法を絡めて学ぶと同時に、アロマセラピーやベビーマッサージ、ハーブティー、フットケア等を学んでいきます。

子育て中のお母さんや、子供が好きな方等、

受験資格は無く、どなたでも受講、受験する事が可能です。

 

チャイルドケアライセンスには

チャイルドケア・コーディネーターチャイルドケア・インストラクターがあります。

今回はそれぞれ持っているとどのようなことに活かす事が出来るのかご紹介したいと思います。

girl-511883_640

◇チャイルドケア・コーディネーターを活用できるお仕事

チャイルドケア・コーディネーターを取得するとチャイルドケアに必要な、

自然療法、チャイルドケアの為のハーブティー、アロマセラピー、チャイルドマッサージを学ぶ事が出来るので、

子供が集まる公民館でのイベント児童館でのボランティア活動講師や小学校や幼稚園でのボランティア講師としても活躍が期待できます。

また、産婦人科でのメンタル面のサポートも可能です。

baby-165067_640

◇チャイルドケア・インストラクターを活用できるお仕事

チャイルドケア・インストラクターを取得するとチャイルドケアについてより深い知識を学び

チャイルドケアをする際に必要な知識や技術を教える事が出来るので、

チャイルドケアの活動を多くの人に広める為の講師活動や、

セミナーを開く事セミナーのアシスタントが出来る様になります。

また、チャイルドケア認定加盟校に登録する事が出来ます。

登録をするとチャイルドケアの講座を開く事ができ、その講座を受講し、

修了した人にチャイルドケア・コーディネーターの認定試験の受験資格を与える事が出来ます。

どちらの資格でも子供に関わる仕事であれば多いに活躍できる資格となっています。

また、仕事だけでなく自分の子供に対してや、友達にアドバイスをしてみたり、役立つ場面はたくさん存在します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る